サーバー構成

公開日 2021年02月15日

更新日 2021年09月09日

Joruri CMS 2020は各種のサーバー構成に対応できます。

1.オールインワン

Webサーバー、CMS、DBサーバーを1台のサーバーにインストールします。
Joruriのインストール手順書はこの構成を構築する方法を記載しています。
自治体公式サイトの場合、Webサーバーへの負荷が増大した際、CMSの管理画面の動作が遅くなるため、WebサーバーとCMSを分ける、2の構成をお奨めします。

サーバー構成図(オールインワン)

2.Webサーバーを分離

WebサーバーをCMSから分離し、2台のサーバーで構成します。
Webサーバーが高負荷となった場合も、CMSはその影響を受けません。

サーバー構成図(Webサーバー分離)
 

3.Webサーバーを冗長化

Webサーバーを冗長化し、複数のWebサーバーで構成します。
Webサーバーの障害や負荷の増大に対応できます。
各Webサーバーにアクセスを振り分けるため、負荷分散サーバー(LB)を配置します。
WebサーバーとCMSの間にNFSを配置し、各Webサーバーに個別にファイル転送を行わない構成とすることが多いです。

サーバー構成図(Webサーバー冗長化)
 
LB:負荷分散、Web:Nginx、CMS:Joruri CMS 2020、DB:PostgreSQL
背景色の部分は物理サーバーまたは仮想サーバーを示す。
Topへ