開発環境構築手順

公開日 2020年11月16日

更新日 2020年11月16日

はじめに

当社ではPC(Windows)にVMWareなど仮想化ソフトウェアをインストールし、
仮想環境にCentOSをインストールして開発を行っています。

サンプルとしてVMWare Workstation Playerを利用した開発環境構築を掲載します。

VMwareのインストール

VMWare Workstation Playerのサイトから最新版をダウンロードします。
※2020/11/16時点の最新版のダウンロードは下記になります。
https://my.vmware.com/en/web/vmware/downloads/info/slug/desktop_end_user_computing/vmware_workstation_player/16_0

ダウンロードしたexeファイルを実行しインストールします。

CentOSのインストール

isoファイルのダウンロード

CentOSの公式サイトからisoファイルをダウンロードします。
※2020/11/16時点での最新版のダウンロードは下記になります。
http://isoredirect.centos.org/centos/8/isos/x86_64/

適当なミラーサイトからisoファイルをダウンロードします。

CentOSダウンロードミラーサイト

※下記はhttp://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/linux/centos/8.2.2004/isos/x86_64/を選択した場合

CentOSISOファイルダウンロード

新規仮想マシンの作成

VMWareを起動後、「新規仮想マシンの作成」をクリックします。

VMWare新規仮想マシンの作成

「後でOSをインストール」を選択して「次へ」をクリックします。
VMWare新規仮想マシンの作成 後でOSを選択

ゲストOSに「Linux」を選択し、バージョンに「CentOS バージョン5 以前 64ビット」を選択します。

VMWare新規仮想マシンの作成手順 ゲストOSの選択

「仮想マシン名」を入力して「次へ」をクリックします。

VMWare新規仮想マシンの作成 仮想マシン名を入力

ディスク容量を指定して「次へ」をクリックします。

VMWare新規仮想マシンの作成 ディスク容量の指定

「完了」をクリックします。

VMWare新規仮想マシンの作成 準備完了

「仮想マシン設定の編集」をクリックします。

VMWare初期画面

「CD/DVD」を選択して、「ISOイメージファイルを使用する」を選択します。
「参照」をクリックして、先ほどダウンロードしたISOファイルを選択します。
その後「OK」をクリックします。

VMWare仮想マシン設定

仮想環境でのCentOSのインストール

「仮想マシンの再生」をクリックします。

VMWare初期画面
起動後に「Install CentOS Linux8」を選択します。

CentOSインストール初期画面

「日本語」を選択します。

CentOS言語設定

各種の設定を行います。

CentOSインストール設定

「ソフトウェアの選択」をクリックします。
開発時にGUIは利用しませんので、「最小限のインストール」を選択し、「完了」をクリックします。

CentOSインストール設定 ソフトウェアの選択

「インストール先」を選択し「完了」をクリックします。

CentOSインストール設定 インストール先

「ネットワークとホスト名」を選択します。
ネットワーク接続がある場合は「オン」を選択し「完了」をクリックします。

CentOSインストール設定 ネットワークとホスト名

「日付と時刻」を選択します。
「地域」をアジア、「都市」を東京とし、ネットワーク接続がある場合は「ネットワーク時刻」をオンにして
「完了」をクリックします。

CentOSインストール設定 日付と時刻

「インストールの開始」をクリックします。

CentOSインストール中

「rootパスワード」を選択し、rootパスワードを設定します。

CentOS rootパスワード

「ユーザーの作成」を選択し、ユーザーを作成します。

CentOSユーザーの作成

インストールが完了したら「再起動」をクリックします。

CentOSインストール完了

再起動後、作成したユーザーでログインできることを確認します。
ログイン時にTera TermやPuTTyなどSSHクライアントを利用するのが便利です。

CentOSログイン

共有フォルダ設定

open-vm-toolsをインストールしてWindowsとの共有フォルダを有効化します。
CentOSにログイン後、以下のコマンドを実行します。

$ su -
$ yum install open-vm-tools

インストール完了後、CentOSを再起動します。

$ shutdown -r now

VMWareのメニューから「管理」→「仮想マシン設定」を選択します。

「オプション」を選択し、設定の「共有フォルダ」を選択します。
フォルダの共有から「常に有効」を選択し、「追加」をクリックします。

VMWare共有フォルダ設定

追加ウィザードが表示されるので、「参照」からWindows側で共有したいフォルダを選択し、
「名前」にCentOS側に作成する共有フォルダ名を入力します。
その後「次へ」をクリックします。

VMWare共有フォルダの選択

「この共有を有効化」にチェックが入っている状態で「完了」をクリックします。

VMWare共有フォルダを有効化

共有フォルダが追加されていることを確認できたら「OK」をクリックします。

VMWare共有フォルダ設定完了

以上の設定が完了するとCentOS上の/mnt/hgfs/以下に共有フォルダが作成されます。

エディタについて

当社では開発者が各々に好きなエディタを使用しています。
主にはEclipse、Visual Studio Code、Atomなどです。

仮想環境に構築されたCentOS上のファイルをWindows側にインストールされたエディタで直接参照できませんが、
先の共有フォルダの設定を行い、共有フォルダを通してアクセスすることが可能です。

CentOS上の共有フォルダが/mnt/hgfs/share、ソースコードを格納するディレクトリを/var/www/srcとすると

$ ln -s /mht/hgfs/share /var/www/src

のようにシンボリックリンクを作成することで、
/var/www/src以下の配置されたソースコードが共有フォルダを通して参照できます。
その後、各種エディタにおいて共有フォルダをプロジェクト指定することで編集可能となります。

また、FTP接続が行えるプラグインなどを利用することで共有フォルダ設定なしでもアクセス可能です。
例えば、AtomではRemote-FTPパッケージが利用可能です。